京都・彦根の両地方気象台は、12月1日から「顕著な大雪に関する気象情報」の運用を初めて開始する。短時間に集中的な降雪が予想される場合に発表し、高速道路での立ち往生など深刻な交通障害を防ぐ。

 この気象情報は、京都府と滋賀県で積雪を観測するアメダス8地点(京都=峰山、舞鶴、美山、京都、滋賀=柳ケ瀬、米原、彦根、今津)で、