24日午後8時55分ごろ、新潟発東京行き上越新幹線とき346号が群馬県高崎市のJR高崎駅に到着する直前、運転士が異常な音に気付き停車した。地元消防によると、女性がはねられ、その場で死亡が確認された。上越新幹線東京―新潟間と、北陸新幹線東京―長野間で一時運転を見合わせた。群馬県警が詳しい状況を調べている。

 JR東日本によると、とき346号は12両編成で、車両に異常がないことを確かめ、高崎駅で所定の位置に停車し直した。その後、駅係員の確認で人身事故と判明し、高崎から先の運転を取りやめた。乗客345人にけがはなく、後続の新幹線に乗り換えるよう案内した。