胸の病が回復し、故郷の若狭から京都の金閣寺に戻った日の晩だった。中学3年の修行僧江上順雄(よりお)は金閣が燃える音で跳ね起きた。<ただ、も…