1階と2階の一部が焼けた民家(26日午前9時54分、宇治市五ケ庄)

1階と2階の一部が焼けた民家(26日午前9時54分、宇治市五ケ庄)

 26日午前0時半ごろ、京都府宇治市の男性(95)方から出火、木造2階建ての1階と2階の計約45平方メートルが焼けた。1階玄関付近で1人が倒れている状態で見つかったが、死亡が確認された。

 宇治署によると、男性は1人暮らし。同署は、遺体は連絡が取れていない男性とみて、身元の確認を進めている。

 現場は京都大宇治キャンパス南側の住宅街。近くに住む女性(74)は「煙臭いので外を見ると、真っ赤な炎が高く上がっていた。怖くて朝まで眠れなかった」と話していた。