赤ちゃんは泣くのが当たり前。でも公共の場などで号泣され、あたふたした経験のある保護者は多いはず。周囲が少しでも温かく見守ろうと、好意やエールの気持ちを「見える化」したステッカーがある。