JR東海の金子慎社長(左)に要望書を手渡す岐阜県の古田肇知事=29日午後、名古屋市の同社本社

 JR東海の金子慎社長(左)に要望書を手渡す岐阜県の古田肇知事=29日午後、名古屋市の同社本社

 岐阜県の古田肇知事は29日、名古屋市のJR東海本社で金子慎社長と面会し、長野、岐阜両県のリニア中央新幹線のトンネル工事で相次いだ事故を受け、原因究明と再発防止策が講じられるまでは岐阜県内のトンネル工事を再開しないよう求めた。

 提出した要望書では、事故が起きた現場だけでなく、他のトンネル工事でも安全対策に問題がないか再点検し、説明と情報提供を要請。長野の事故の検証結果の報告も求めた。

 一方で2027年の開業に向け工事計画通りに事業を進めるよう訴えた。面会後、古田知事は報道陣の取材に「紆余曲折あるにしても、当初の予定通り着実にやっていただきたい」と説明した。