琵琶湖でカナディアンカヌーの練習に励む小川さん(大津市玉野浦・県立琵琶湖漕艇場)

琵琶湖でカナディアンカヌーの練習に励む小川さん(大津市玉野浦・県立琵琶湖漕艇場)

練習後にカヌーの手入れをする小川さん。「カヌーに乗ると気分がリフレッシュする」

練習後にカヌーの手入れをする小川さん。「カヌーに乗ると気分がリフレッシュする」

 片膝を立てた姿勢で、艇の片側のみを漕(こ)いで進むカナディアンカヌー。京都市北区の洛星中1年小川勝士(まさし)さん(13)=大津市萱野浦=が、今年8月に山形県西川町で開催された「全国中学生カヌー大会」で、初出場ながら全国2位に輝いた。

 近畿屈指の進学校で勉学にいそしむ傍ら、「Lake Biwa Canoe Club」(レイク ビワ カヌー クラブ)に所属し、週末になると自宅近くの琵琶湖で練習に励んでいる。


 幼い頃から体を動かすことが好きで、琵琶湖でカヌーを楽しむ人たちの姿を見て「自分もやりたい」と、小学1年から、艇に座って漕ぐカヤックの体験教室に通い始めた。


 その後、「膝を立てて漕ぐ姿がかっこいい」と小学4年の時に、カヌーの原型ともいわれるカナディアンカヌーに転じた。しかし、いざ競技を始めると「漕ごうと思ったらバランスを崩し、2~3回漕いでは、転覆を繰り返した」。


 片膝を立てて進むためバランスを取るのが難しく、丸太の上に乗っているような感覚という。その難しさから、逆に「乗りこなしたい」という思いが強くなり、競技に一層のめり込んだ。中学受験のため練習時間が十分に確保できない時期もあったが、中学1年の夏休みはほぼ毎日、湖上で技術を磨いた。


 今夏の全国中学生大会では500メートルの着順を競った。「緊張もあって思うようにタイムが伸びなかった」と振り返るが、指導する県カヌー協会の越後啓二良理事長は「初の全国舞台で準優勝は素晴らしい」とたたえ、「競技に前向きに取り組む姿勢で、チームの仲間を引っ張ってくれている」と目を細める。


 将来の夢は医師で、勉学との両立のため練習は週1回に限られる。それでも、「カヌーに乗っていると風を感じて気持ちがいい。もっとうまく漕げるようになって、来年は全国大会で優勝したい」と熱意を見せる。