立憲民主党の新代表を選出する臨時党大会(30日午後、東京都内)

立憲民主党の新代表を選出する臨時党大会(30日午後、東京都内)

 立憲民主党の代表選は30日、東京都内で投開票が行われた。国会議員や地方議員、党員・協力党員らによる投票(計572ポイント)の結果、泉健太政調会長(47)=衆院京都3区=が189ポイントを獲得して1位になったが過半数の287ポイントには届かず、148ポイントで2位になった逢坂誠二元首相補佐官(62)との決選投票に突入した。

 決選投票は、間もなく国会議員、公認予定者と各都道府県の代議員47人が投票し、計333ポイントで当選者を決める。

 決選投票前の6分間の決意表明で、泉氏は「多様性を尊重し、立憲主義を守り、困っている人に寄り添う党に」、逢坂氏は「能力があり、熱意にあふれる議員がそろっている。一人一人が輝くように」と訴えた。午後3時すぎには新代表が選出される。

 枝野幸男前代表の辞任に伴う代表選には、泉、逢坂氏のほか、小川淳也元総務政務官(50)、西村智奈美元厚生労働副大臣(54)の4氏が立候補。小川氏は133ポイント、西村氏は102ポイントだった。