【資料写真】徳永久志氏

【資料写真】徳永久志氏

 立憲民主党の泉健太新代表(衆院京都3区)の誕生を支えた滋賀選出の立民の国会議員からは30日、党の立て直しを担う若きリーダーに期待する声が相次いだ。

 「(左派系の)立民はレフト前ヒットを狙うという言い方をされるが、センター(中道)にもライト(穏健保守)にも強い打球が広角に打てる」。推薦人の徳永久志衆院議員(比例近畿)は、中道から穏健保守を志向する旧国民出身で、高校球児だった泉氏にちなみ、立民支持層の広がりへの期待感を野球に例えた。