京都府警京丹後署

京都府警京丹後署

 海上保安庁職員に成り済まし、交際相手の女性と結婚したとみせかけて計2千万円をだまし取ったとして、京都府警京丹後署は1日、詐欺容疑で京都府舞鶴市、会社員の男(42)を逮捕した。

 逮捕容疑は、海保職員を装い偽名を使って京丹後市の女性(40)と交際し、結婚する意思がないのに2010年1月に挙式した後、15年1~2月に3回にわたって計2千万円を自らの口座に振り込ませた疑い。女性とは同居せず、女性宅をたびたび訪れていた。14年6月には別の女性と婚姻届を出したという。

 男は現金を振り込ませる際、「海保の業務でトラブルが生じて、損害賠償金や示談金が必要になった」という趣旨の話をしていた。不審に思った女性が今年10月に同署に相談して発覚した。男は「金の相談はしたが、支払いの要求はしていない」と、容疑の一部を否認しているという。