京都府警城陽署

京都府警城陽署

 入金されていないプリペイドカードを示して無銭飲食を繰り返したとして、京都府警城陽署は1日、住所不定、とび職の男(38)=別の詐欺罪などで起訴=を詐欺の疑いで再逮捕した。

 再逮捕容疑は8月3~4日、京都市伏見区や城陽市などの飲食店3店で知人女性らと食事をした後、未入金のカードをクレジットカードのように装って提示し、エラーが出ると「現金がないから銀行で下ろしてくる」とうそをつくなどして代金計約1万2千円を支払わずに逃走した疑い。

 男は無銭飲食の疑いで10月6日に逮捕され、同27日にも再逮捕。同署によると、2月から逮捕されるまでの間、同じカードに京都や滋賀の飲食店などで十数件の使用履歴があり、同様の手口を繰り返していたとみて調べている。