滋賀県警大津署

滋賀県警大津署

 6年間で現金計約1900万円を着服したとして、滋賀県警大津署は1日、業務上横領の疑いで、大津市の無職の女(57)を再逮捕した。「混乱して何も分からない」と容疑を否認しているという。

 再逮捕容疑は2014年12月26日~20年12月28日、アパートを所有する滋賀県草津市内の会社員男性(52)の口座から、現金計約1900万円を、約140回にわたって引き出し、横領した疑い。女はアパートの家賃収入管理や税金の支払いなどの経理業務を任されていたという。

 女は今年1月27日~3月26日、男性から預かったキャッシュカードを使って、大津市内のATM(現金自動預払機)から現金約60万円を引き出したとして、今月8日に窃盗容疑で逮捕された。