市民から寄せられた折り紙の手裏剣で飾られた通路(滋賀県甲賀市甲南町・甲賀流リアル忍者館)

市民から寄せられた折り紙の手裏剣で飾られた通路(滋賀県甲賀市甲南町・甲賀流リアル忍者館)

 滋賀県甲賀市甲南町の甲賀流リアル忍者館の通路一面に折り紙の手裏剣が飾られている。地元ケーブルテレビ局が設立10周年を記念し市民らから募り、3万8105個がギネス世界記録に認定された。26日まで展示する。

 「あいコムこうか」(同市土山町)が「手裏剣を折り紙で作り展示する数量」のギネス記録を作ろうと9月から市内で呼び掛けていた。

 愛媛県四国中央市の青年会議所が2018年に打ち立てた従来の記録8934個を超える1万個を目標にしたところ、市内の学校や事業所、保育所、老人施設などから11月下旬までに6万2648個が寄せられた。

 認定記録は一部屋分のみで、大きさや柄付きなどギネス規定から外れた手裏剣を同館の階段などに同社社員で飾った。さらに展示した折り紙の精度などの鑑定で数百個を除外した個数がギネス認定員に認定された。

 同28日にお披露目会を兼ねたイベントがあり、同テレビ局が認定の瞬間を生中継した。同社は「子どもから年配の方までみんなが参加し想定以上の数を寄せていただいた。非常にありがたい」と喜んでいる。