けがで戦列を離れ、練習をサポートしながらチームを引っ張る共同主将の桧垣(京産大)

けがで戦列を離れ、練習をサポートしながらチームを引っ張る共同主将の桧垣(京産大)

 ラグビーの関西大学リーグで、23年ぶりの制覇に挑む京産大を、グラウンドの外から支えている主将がいる。今季3人が指名された共同主将の一人、ナンバー8の桧垣大宇(たいう)。けがで試合に出られない不運なシーズンを送る中、対戦相手の分析やFW練習のサポートなど献身的な姿勢で仲間を引っ張っている。

 高校ラグビーの強豪・東海大仰星(大阪)出身で、運動量とパワフルな突破を武器に2年生からリーグ戦で活躍してきた。

 最終学年として迎えた今春、新たに就任した広瀬監督の下、リーダー陣の一人に任命された。プロップ平野、SH広田と「責任がある。3人で切磋琢磨しながらやっていこう」と誓った直後、練習中に右膝の前十字靱帯を損傷。「手術が必要なけがは初めて。メンタル的にはきついものがあった」と戦列を離れた。

 もともと「負けることが嫌いな性格」。かつては練習中に勢い余って上級生と取っ組み合いになることもあった。「勝つためにはそれくらいの気持ちが必要」と熱く語り、チームのために力を尽くすことを決めた。

 復帰を目指してリハビリを継続しつつ、元日本代表の田倉FWコーチの助言を受けながら、チームの生命線であるスクラムやラインアウトの練習を指示。対戦相手の特長を踏まえて細かくアドバイスを送っている。「置かれた状況をいかにポジティブに捉えていくかが大事。プレーできない分、チームを俯瞰(ふかん)して見られる。コーチの目線でアドバイスできるようにしている」と前を向く。

 最終戦で顔を合わせる関学大には、自身も出場した2年前の開幕戦で敗れた苦い記憶がある。「今年の京産はみんな自信を持っていると思うが、浮足立つと足をすくわれる。自信が過信にならないように土台を固めたい」と表情を引き締める。