滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は23日、皇太子さまの新天皇即位を記念して5月4、5の両日、記帳所を大津市京町4丁目の県公館など2カ所に設けると発表した。新元号「令和」にちなむ記念行事も計画している。

 記帳所は、公館と草津市の琵琶湖博物館に午前9時半から午後4時半まで設置する。皇太子さまの来県時の写真などをまとめた行啓誌も展示する。

 三日月大造知事は同日の定例会見で、明治から令和まで五つの時代を生きた107歳以上の人へのお祝いや、子どもに令和がどんな時代になってほしいかを絵に描いてもらう行事などを計画していると説明。「令和は育てた木を活用する時代だと思う」と述べ、森林所有者らと連携して森林の保全や循環のモデルとなる「びわこ令和の森」を推進していく考えも示した。