守山市役所

守山市役所

 滋賀県守山市議会の政治倫理審査会は6日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言期間中にゴルフに行くなどした森貴尉、渡邉邦男両市議について、市議会議員政治倫理条例に違反する行為だったとして厳重注意の措置を求める審査結果報告書を藤木猛議長に提出した。

 報告書で、両市議の行為について「議会開会前日に知人とゴルフをし、濃厚接触者となって本会議を欠席したことは、公人としての自覚に欠け、軽率」とし、条例違反と認定した。両市議に対する措置として「議長からの厳重注意が相当」とした。両市議とも役職を辞していることを踏まえ、それ以上の措置は必要ないと結論付けた。

 一方、政治倫理基準の順守について、市議会全体の認識不足があるという意見があったことから、基準の具体化や条例違反に対する措置の見直しの必要性についても言及した。報告書を受け取った藤木議長は「今回のようなことを二度と起こさないため何をすべきか考え、報告書の意に沿って行動規範を定めたい」と話した。