伏見稲荷大社

伏見稲荷大社

伏見稲荷大社の縁起物「福重ね」を組み合わせて迎春準備をする神楽女たち(京都市伏見区・伏見稲荷大社)

伏見稲荷大社の縁起物「福重ね」を組み合わせて迎春準備をする神楽女たち(京都市伏見区・伏見稲荷大社)

 伏見稲荷大社(京都市伏見区)で、新年の縁起物を組み合わせた「福重(ふくかさ)ね」の準備が本格化している。神楽女(かぐらめ)たちが新型コロナウイルスの早期収束を願いながら、実りを象徴する稲穂などを一つにまとめ、早くも迎春ムードを漂わせている。

 福重ねは、守矢(まもりや)や神木の杉の枝、絵馬など4点を組み合わせて作る。絵馬は来年のえと「寅(とら)」を描いた3種類を用意した。

 3日から作業を始め、手分けして守矢に絵馬などを取り付けている。神楽女の一人は「一日も早くコロナが収束し、平穏な日々が過ごせるように思いを込めて作っています」と話していた。

 今年は例年より5千個ほど少ない1万個を作る予定。初詣の参拝者の分散化を図るため、正月を待たずに4日から福重ねの授与を始めたという。福重ねは1組2500円。