<十二月八日は何の日? と尋ねても、いまの若い人は正確には答えられないのではないか>。そう案じたのはことし90歳で他界した作家半藤一利さん…