持病の悪化で10年近く、芸術活動を断念していた京都市西京区の染色家前田正志さん(70)が、作品作りを再開した。手足の震えに悩みながらも、は…