厚生労働省は8日までに、新型コロナウイルスの流行「第6波」に備え、コロナ患者を受け入れる医療機関と確保した病床数を都道府県ごとに公表した。京都府内は48病院の計765床に上る。府はこれまで患者が直接来院するなどの混乱を避けるため非公表としており、全医療機関名が明らかになるのは初めて。