築山に咲き乱れるミツバツツジ(綾部市舘町・楞厳寺)

築山に咲き乱れるミツバツツジ(綾部市舘町・楞厳寺)

 ミツバツツジが京都府綾部市舘町の楞厳寺(りょうごんじ)で満開になっている。赤紫の花が築山のあちこちで咲き乱れ、池の水面に映る様が美しく、観光客や参拝者でにぎわっている。

 楞厳寺は関西花の寺霊場の一つ。1933年に築山を開いた際、雑木を切って自生のミツバツツジを残し、山一帯で咲くようにした。

 今年の満開は例年より1週間遅く、開花状況にもばらつきがあるという。雨など天候にも左右されるが、見頃は27、28日の週末まで続くとみられる。

 ミツバツツジのあとはモチツツジが開花する。