交通安全教室で、妖怪に交通ルールを教える警察官ら(京都市北区・大宮交通公園)

交通安全教室で、妖怪に交通ルールを教える警察官ら(京都市北区・大宮交通公園)

 妖怪と一緒に交通ルールや防火方法を学ぶイベント「妖宮交通祭」が18日、京都市北区の大宮交通公園であった。妖怪にふんした大人たちが、子どもたちに信号のある交差点の正しい渡り方などを寸劇で伝えた。

 上京区で妖怪手ぬぐいなどを販売する店員ら十数人が演じた。北署の警察官や北消防署の消防隊員も講師として参加した。

 公園内で開かれた交通安全教室では、信号無視や自転車の斜め横断など、ルールを守らない妖怪が登場。警察官が違反を注意し、正しいルールを教えた。防火教室では、京都の町を焼き尽くそうとする妖怪を消防隊員が退治。子どもたちは声援を送りながら楽しく学んでいた。