名古屋市西区のアパートで1999年、住人の主婦高羽奈美子さん=当時(32)=が殺害された事件は13日、未解決のまま20年となった。当時2歳で現場にいた長男航平さん(22)は来年、社会人に。「生んでくれてありがとう」。約2年間に多くの愛情を注いでくれた母と、その後男手一つで育ててくれた父。感謝と恩返しをしたい気持ちを抱きつつ、事件の解決も願っている。

 99年11月13日午後、自宅廊下で倒れている奈美子さんを大家が見つけた。首を数カ所刺され、死因は失血死だった。台所には、子ども用の椅子に座った航平さんがいたが無事だった。発見時にはおもちゃで遊んでいたという。