京都市の公債償還基金残高は、2021年度で予定より823億円少ない1380億円に目減りしている。12年度以降は財源不足を補うために毎年取り崩しており、この状態が続けば24年度にも枯渇する。