海や山、田畑に囲まれ食材に恵まれた京都府北部。今、10代から30代の若い力が、食の魅力や可能性に挑戦しています。次代を拓く意欲を伝えます。

 校舎裏に広げられたブルーシートに生徒たちが堆肥をシャベルでまき、天日干しにする。手に取るとぽろぽろと崩れ、においはない。「ヒトデだと鼻を刺すような臭いがします」と