開会式で選手宣誓する新南笠イーグルスの大久保主将(滋賀県高島市・今津スタジアム)

開会式で選手宣誓する新南笠イーグルスの大久保主将(滋賀県高島市・今津スタジアム)

 第50回滋賀県学童野球選手権大会(県軟式野球連盟、京都新聞主催、JAバンク滋賀協賛)の総合開会式が28日、高島市今津町日置前の今津スタジアムで開かれた。半世紀の節目を迎えた大会で、県内135チームの2437人が晴れの舞台に立った。

 選手たちはプラカードとチーム旗を掲げ、手を大きく振って、元気に行進。スタンドを埋めた選手の保護者や家族が、グラウンドへ盛んに声援を送っていた。

 昨年優勝した新南笠イーグルス(草津市)の大久保航汰主将=玉川小6年=が「監督、コーチ、家族への感謝の思いを胸に、仲間とともに最後まで全力でプレーすることを誓います」と宣誓した。

 今後、県内9地区に分かれて予選を行う。それぞれの優勝チームが7月28日、8月3、10、11日に同スタジアムなどで行われる決勝大会に進み、「令和」初の頂点を決める。