12月26日深夜の滋賀県の天気分布予測(気象庁HPより)

12月26日深夜の滋賀県の天気分布予測(気象庁HPより)

 彦根地方気象台は25日夕、大雪などに関する気象情報を発表し、滋賀県は26日未明から27日にかけて大雪になるとして警戒を呼びかけた。特に26日夜から雪が強まり、県北部を中心に大雪警報発表の可能性が高いという。

 気象台によると、特に26日夜から27日午前中に滋賀県に強い雪雲が流れ込むと予想。県北部では大雪警報を発表する可能性が高く、県南部の大津市や草津市も積雪する恐れがある。また、関ケ原方面なども降雪が強まり、名神高速や北陸道などに大きな影響が出るおそれも高まっている。

 気象台は車の立ち往生やカーポートなどの倒壊、なだれなどに警戒を呼びかけている。

 予想される降雪量は、いずれも多いところで次の通り
◆25日18時~26日18時
北部山地 50センチ
北部平地 30センチ
南部山地 30センチ
南部平地 20センチ
◆26日18時~27日18時
北部山地 60~80センチ
北部平地 30~50センチ
南部山地 30~50センチ
南部平地 20~40センチ