京都府大山崎町は4月から、スマートフォンで上下水道料金が支払えるサービスを始めた。ヤフーアプリか無料通信アプリ「LINE」の決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」で支払うことができる。公共料金のスマホ決済導入は、乙訓地域では初めてで、利便性や収納率の向上を図る。

 公共料金支払いのキャッシュレス化は、全国的に広まっている。府内では、今年から京都市などが水道料金のスマホ決済を導入している。

 大山崎町の上下水道料金の支払い方法は現在、口座振替と納付書払いがある。このうちキャッシュレス決済ができるのは納付書払いで、支払額が1回当たりラインペイで5万円未満、ヤフーアプリで30万円以下の場合。納付書に記載されているバーコードをアプリで読み取り、手順に沿って進めると完了する。

 町は今後、上下水道料金以外のキャッシュレス決済についても他自治体の動向を見ながら検討したいとしている。