真剣なまなざしでそろばんをはじき、素早く計算する参加者ら(京都市伏見区・京都パルスプラザ)

真剣なまなざしでそろばんをはじき、素早く計算する参加者ら(京都市伏見区・京都パルスプラザ)

 全国の小中学生や高校生がそろばんの腕前を競う「全日本ユース珠算選手権大会」が28日、京都市伏見区の京都パルスプラザで開かれた。参加者は日本一を目指し、真剣なまなざしでそろばんをはじいた。

 全国の珠算連盟などでつくる大会実行委が主催し、今年で12回目。小学1年~高校1年の男女約480人が全国各地から集まり、掛け算や割り算などを年代別に競った。

 参加者は5桁掛ける5桁などの問題が出されると、指を素早く動かして一心に計算。スライド表示される数字を瞬時に計算するフラッシュ暗算などにも挑戦し、日頃の練習の成果をのびのびと発揮した。