26日に行われたフィギュアスケートの全日本選手権で、男子の羽生結弦(ANA)がショートプログラム(SP)に続いてフリーも1位となり、合計322・36点で2年連続6度目の優勝を果たして北京五輪代表に決まった。競技終了後に男女各3枠とアイスダンスの五輪代表が発表され、女子で全日本3位となった京都両洋高2年の河辺愛菜(木下アカデミー)が初の五輪切符をつかんだ。河辺は一夜明け、引き締まった表情で決意を語った。

 ―代表入りを知った時の心境は。

 「びっくりしたのが一番大きい。