京都府と京都市の両教育委員会は27日、公立高付属中5校の2022年度入試の志願者数を公表した。志願者数はこれまで少子化などの影響で減少傾向だったが、3校で前年度より増えた。

 府立では洛北高付属中(左京区、定員80人)の志願者が前年度比35人増の268人で、倍率は3・35倍となった