ビブリオバトルで本の魅力を伝える司書(同館公式youtubeチャンネルより抜粋)

ビブリオバトルで本の魅力を伝える司書(同館公式youtubeチャンネルより抜粋)

 面白いと思った本を持ち寄って紹介し、最も読みたい本を投票で決める「ビブリオバトル」をオンラインで楽しんでもらおうと、醍醐中央図書館(京都市伏見区)が動画を制作した。本好きな図書館司書3人が熱い戦いを繰り広げ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。

 ビブリオバトルでは参加者が1人5分間で本を紹介し、全員で意見交換。最後にどの本が読みたくなったかを投票し、最多得票作品が「チャンプ本」に選ばれる。動画では司書が本のあらすじや魅力、解釈を原稿無しで熱く語るほか、バトル方法も解説しており、地域や学校で開く際の参考にもできる。

 同館は「自分が出合ったことのない本を知れるのがバトルの魅力。投票は盛り上がるので、ぜひ楽しんでみて」と話す。動画は「醍醐中央図書館公式YouTube よもうちゃんねる」に掲載。