京都サンガFCが、12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。J2で過ごした2011年~21年を振り返る運動部ツイッターのアンケート結果とともに、11年間の悲喜こもごもを間近で見てきた歴代番記者が思いの丈を語り合った。

国貞仁志 2000年入社。計3度番記者を務め、11年からは3年間担当。
大竹逸朗 02年入社。14~17年に担当。
山下 悟 03年入社。17~19年に担当。
笠原良介 17年入社。今季から担当。

<記憶に残るプレー> 大黒のボレー、すごい技術

山 小屋松選手がスピードでぶっちぎったゴール。僕以外にも印象に残ってる人が…