京都サンガFCが、12年ぶりとなるJ1昇格を決めた。J2で過ごした2011年~21年を振り返る運動部ツイッターのアンケート結果とともに、11年間の悲喜こもごもを間近で見てきた歴代番記者が思いの丈を語り合った。

国貞仁志 2000年入社。計3度番記者を務め、11年からは3年間担当。
大竹逸朗 02年入社。14~17年に担当。
山下 悟 03年入社。17~19年に担当。
笠原良介 17年入社。今季から担当。

<曺サンガ> 大木さんとの共通点も

国 曺監督は言葉が独特で面白い。大木監督の時代に「大木語録」という企画をやっていたが、共通項を感じる。サッカーも…