広大な琵琶湖に面した滋賀県草津市の矢橋帰帆島。関西圏から集まった125人が昨年暮れ、島一帯で捨てられた空のペットボトルやたばこの吸い殻などを黙々と拾い集めていた。

 バス釣りの愛好家らでつくる「淡海を守る釣り人の会」の北川雅也さん(30)=同市=の呼び掛けで、会員らがボランティアで清掃に取り組んだ。この日は3時間半で121袋(1袋45リットル)分のごみとペットボトル約3300本を回収。北川さんは「一釣り人として、琵琶湖を次の世代につなげていきたい」と笑顔を見せた。

 2016年度の社会生活基本調査によると、1年間にボランティア活動をしたことがある滋賀県民の割合は33・9%で…