歩道に謎の足跡 京都市左京区・下鴨本通(2000年撮影)

歩道に謎の足跡 京都市左京区・下鴨本通(2000年撮影)

京都市左京区・下鴨本通(2019年撮影)

京都市左京区・下鴨本通(2019年撮影)

 2000年7月8日掲載、撮影場所は京都市左京区下鴨。当時の写真説明はこう記す。

〈歩道に雨水がたまり、くっきりと浮かび上がる2人分の足あと。よく観察して見ると、左側の人は不思議にも3歩で消えている。しかし、右側は大胆にも大またで、堂々と歩ききっている。もう20年も前からあるという梅雨時のミステリー。考古学的な価値は無いものの、もしかして偉大な人物の足跡だったりして…」〉

 のちに舗道は整備され、足跡も消えた。「ミステリー」は解けないまま、歳月の彼方へ。

   ◇

 京都新聞夕刊で1999~2002年まで随時掲載した写真企画「SHOTおもしろ探見」から10点を選び、約20年の歳月を経て京都のまちの風景がどう変わったのか、現地を歩きました。