JR西日本本社(大阪市)

JR西日本本社(大阪市)

 JR西日本や高速道路各社などは30日、大雪の可能性があるとして、31日の運休や通行止めの見通しを発表した。

 JR西日本は東海道線の野洲―米原、北陸線の米原―敦賀、湖西線の京都―近江塩津で始発や午前8時ごろから昼ごろにかけて、新快速を中心に減便する。

 京都府北部の路線でも始発から午後5時ごろまで、山陰線の福知山―豊岡間、舞鶴線の綾部―東舞鶴間で列車の運転を取りやめる。「こうのとり」「まいづる」「きのさき」などの特急43本を部分運休や全区間運休にする。

 一方、京都丹後鉄道は豊岡駅発の始発列車1便を除き、全列車を運転するとしている。

 中日本高速道路(ネクスコ中日本)と近畿地方整備局によると、31日午前0時以降に舞鶴若狭自動車道や北陸自動車道、同午前6時以降に滋賀・福井県境の国道8号と国道161号の一部が通行止めになる可能性がある。