25日、息子の隣で、台風で壊れた自宅を見つめる女性=フィリピン・セブ州(AP=共同)

 25日、息子の隣で、台風で壊れた自宅を見つめる女性=フィリピン・セブ州(AP=共同)

 【マニラ共同】フィリピン災害対策当局は31日、同国を横断した台風22号の影響で国内の死者が計405人に達したと発表した。行方不明者は82人で、負傷者は1147人に上った。被災地では約50万人が避難生活を続けており、復興が長期化するとの見通しが強まっている。

 フィリピン赤十字社幹部は取材に、一部の被災地では衛生状態が悪化し、病院では新型コロナウイルス感染者と一般患者の隔離が困難になっていると指摘。その上で「復興には2~3年を要する」と説明した。

 災害対策当局によると、住宅は全壊の約17万戸を含めて約53万戸が損壊した。数百カ所の道路や橋が一時寸断した。