天皇陛下の退位に伴い、繁華街で配られた号外(30日午後6時35分、京都市下京区四条通河原町)

天皇陛下の退位に伴い、繁華街で配られた号外(30日午後6時35分、京都市下京区四条通河原町)

 京都新聞社は30日、京都市内の繁華街など計3カ所で、前天皇陛下の退位を伝える号外を配った。多くの人が紙面を求め、時代が変わる感慨にふけっていた。

 下京区の京都高島屋前では午後6時半ごろに配布を開始。通行人が次々に手を伸ばし、立ち止まって紙面に目を落とす人もいた。

 紙面を受け取った会社員(26)=同区=は「人生初の改元で記念にしたい」とする一方、「平成時代には不況が実感を伴う形で存在した。元号が変わっても状況は変わらない。仕事を頑張って貯金をして豊かになりたい」と話した。