目を凝らすと「明治30年10月」の文字。積まれた赤れんがのたたずまいに、長い年月、同じ場所で街や人の移り変わりを見守ってきたことを実感する…