12年ぶりにJ1の舞台に戻る京都サンガFC。率いるのは京都市左京区出身の曺貴裁監督(52)だ。悲願を果たした就任1年目を振り返ってもらい、新シーズンへの思いを聞いた。

 ―故郷のクラブを率いて昇格した。どんな1年だったか。

 「毎日『こういうフットボールをつくろう』と、勝とうが負けようが練習を粛々と続けてきた。継続を大事にしてきた、そんな1年だった。本当に短かった」

 「プレッシャーは最初は全然なかった。楽しくやろうと。最後の10試合は、選手の本気で昇格したい気持ちが分かり、勝たせてやりたいと思って慎重になりすぎた。相手に依存した戦い方になったのは反省だが、一生懸命やった結果だと思う」

 「(シーズン終了後)スポンサーへあいさつに行ったが、こんなに喜んでくれるんだと感動した。涙が出るぐらい。人生初体験だった。これだけ潜在的なサンガのファンがいるんだと思った」

 ―リーグでは失点は31で最少だったが、総得点は59で8位タイ。どう受け止めるか。

 「セットプレーで…