手作業で新芽を摘む研究員ら(木津川市相楽台・福寿園CHA遊学パーク)

手作業で新芽を摘む研究員ら(木津川市相楽台・福寿園CHA遊学パーク)

福寿園創設者の像に茶葉を供える供茶の儀(木津川市相楽台・福寿園CHA遊学パーク)

福寿園創設者の像に茶葉を供える供茶の儀(木津川市相楽台・福寿園CHA遊学パーク)

 「日本一早い」とされる茶の初摘みが5日、京都府木津川市相楽台の福寿園CHA遊学パークで行われた。同社の役員や研究員らが温室で育った新芽を摘み取り、新年の茶業発展を願った。

 パーク内にある100平方メートルの温室で11月下旬から新茶栽培が始まった。室温を20~25度に保ち、夜間も蛍光灯などで日照時間や湿度を調整して茶葉の育つ環境を整えることで、一年中収穫することができる。

 初摘みでは、福井正興社長と会長夫妻が「ごこう」の新芽を摘み取り、栄西禅師と福寿園創設者の像に供える「供茶の儀」が執り行われた。その後、白衣姿の研究員らが手作業で丁寧に温室の新芽を摘み取り、竹かごに入れていった。研究員の小林篤さん(37)は「寒い時期に作っているので、葉が柔らかく色つやもよい」と語った。