特別公開されているお浜御殿の庭園。観光客が散策を楽しんでいた(彦根市松原町)

特別公開されているお浜御殿の庭園。観光客が散策を楽しんでいた(彦根市松原町)

 国の名勝に指定されている、滋賀県彦根市松原町の旧彦根藩松原下屋敷(お浜御殿)庭園が6日まで特別公開されている。新緑が映える庭園を写真に収めようと観光客らが訪れている。

 お浜御殿は、11代当主井伊直中が1810年に造営した。庭園の池は、琵琶湖とつながっており、湖の水位と連動して水際が変動する汐入(しおいり)形式。藩主が政務を離れてくつろぐ空間だった。

 71(明治4)年の廃藩置県以降、近年まで井伊家の居宅として使われた。奥座敷棟や大広間棟などが現存している。午前9時~午後5時。無料。