5日間限定で特別展示されている「明智光秀肖像画」(亀岡市古世町・市文化資料館)[LF]

5日間限定で特別展示されている「明智光秀肖像画」(亀岡市古世町・市文化資料館)[LF]

 大河ドラマ放映を来年に控え注目を集める戦国武将、明智光秀の肖像画の展示が1日、京都府亀岡市古世町の市文化資料館で始まった。烏帽子(えぼし)をかぶり高貴なたたずまいの光秀を見ることができる。5日まで。

 肖像画は縦約80センチ、横約38センチで、大阪府岸和田市の本徳寺が所蔵している。400年以上前に描かれ、現存する唯一の肖像画とされる。亀岡は光秀が亀山城を構えたゆかりの地で、同資料館での展示は2010年以来。光秀を特集したロビー展の一環で企画した。

 訪れた女性は「大河ドラマ放映決定で光秀に興味を持つようになった。保存状態も良く、素晴らしい」と話し、肖像画に見入っていた。

 入館料210円(5日までは中学生以下無料)。