「酒は百薬の長」なる言葉を持ち出し、徒然草で兼好法師は「うとましと思ふものなれど、捨て難き折もあるべし」「物語して、盃(さかずき)出したる…