日本とオーストラリアが安全保障協力を強化する「円滑化協定(RAA)」を結んだ。これにより自衛隊とオーストラリア軍は、相手国への往来がしやすくなる。交渉のハードルは「日本で重大犯罪を起こしたオーストラリア兵に対し、死刑を維持する日本の司法制度を適用するかどうか」にあった。適用を求める日本政府と、死刑に反対するオーストラリアとの間で意見対立が続き、協議は一時難航。だが双方は中国をにらんだ日豪連携を優先する観点から、最終的に