今回の事故は決して人ごとではない―。栃木県那須町の「那須サファリパーク」で飼育員3人がトラにかまれるなどして負傷した事故を受け、14年前に飼育員がトラに襲われて死亡する事故が発生した京都市動物園(左京区)では、安全対策に万全を期す決意を新たにしている。

京都市動物園では2008年の死亡事故以来、施錠確認などは職員2人によるダブルチェックを徹底している(京都市左京区・京都市動物園)

 那須サファリパークで今月5日、飼育員3人がトラにかまれるなどし、1人は右手首を失う重傷を負い、他の2人も負傷した。トラは、柵が付いた飼育スペースではなく、展示スペースに向かう通路にいて、飼育員を襲ったとみられる。那須サファリパークは、6日夜のツイッターで「原因などは現在調査中ではありますが、少なくともトラに責任がある事故ではないことは事実です」としている。

 京都市動物園の坂本英房園長は、5日午前に報道で事故を知ったといい、昼休みに園職員を集め、事故の状況や安全対策の徹底を伝えた。翌日の朝会でも、重ねて注意を呼び掛けた。

 脳裏によみがえったのは、2008年6月7日に京都市動物園で発生した事故だ。飼育員の男性(当時40)がアムールトラ(11歳、雄)に襲われ、死亡した。男性がトラの寝室(飼育室)を掃除しようとした際、トラがいた部屋との仕切り扉が閉まっていなかったために被害に遭ったとされる。

京都市動物園内にある亡くなった飼育員の慰霊碑。毎年6月7日には職員が黙とうをささげ、再発防止を誓っている

 当時、園側は「通常なら扉が閉まったことを確認した上で、寝室(飼育室)に入ることになっている。確認が不十分で、事故が起きたのでは」と説明している(京都新聞2008年6月8日)。100年以上の歴史がある園で、職員が動物に襲われて死亡したのは初めてだった。