京都府知事選への立候補を正式表明する西脇知事(8日午前9時30分、京都市上京区・府庁)

京都府知事選への立候補を正式表明する西脇知事(8日午前9時30分、京都市上京区・府庁)

 京都府の西脇隆俊知事(66)は8日午前、京都市上京区の府庁で記者会見し、任期満了に伴う府知事選(3月24日告示、4月10日投開票)に再選を目指して立候補すると正式に表明した。知事選の出馬表明は西脇氏が初めて。

 西脇氏は新型コロナウイルス対策や経済活性化、子育て支援など2期目に向けた政策の柱を発表した。「1期目の実績を生かし、府民の命と健康を守る新型コロナ対策とともに、夢や希望が実現できる京都を作り上げたい」と決意を示した。

 京都市出身で東京大法学部卒。1979年に建設省(現国土交通省)に入省し、国土交通審議官などを経て、復興庁事務次官を務めた。2018年4月の府知事選で自民、民進、公明、立憲民主、希望の5党から推薦を受け初当選した。

 府知事選では共産党や労働団体などでつくる「民主府政の会」も候補者擁立を目指している。