20歳は「迷いの年」。笑福亭鶴瓶さんは当時、噺家(はなしか)への一歩を踏み出せずにいた。食べていけるか。修業はどんなものか▼決意させたのは…