作物を荒らすサルを追い払うため訓練された犬「モンキードッグ」が京都府宇治田原町で養成されている。昨年12月、猟犬の子の5歳コタローと、元保護犬の4歳タケルの2頭が訓練を終え、デビューを控えている。